社長メッセージ

多様な価値観を受け入れるユニバーサルな職場環境を目指して

当社の新卒採用については多くの学生を集めて選抜するのではなく、当社の仕事や働き方、職場環境、独自の制度に共感してもらえる学生に来て欲しいと考えています。
愛社精神といった言葉とは真逆になるかもしれませんが、基本的に社員には「好きな様に働いてもらいたい」と思っています。好き勝手という意味ではなく、自分の好きなペースで働くことが出来れば生産性も上がりますし、好きな分野を追求して仕事に取り組めば得意分野となりその人と会社にとっての強みになります。管理職を目指したい人、スペシャリストになりたい人、仕事よりもプライベートや趣味を優先したい人、など様々な価値観を持つ社員を受け入れ個人の能力を最大限発揮出来るように働いてもらえれば、当社の様な中小企業でも強い会社となります。
これまでも様々な価値観の社員に働いてもらうことが出来るように、年俸制の導入、独立支援、副業解禁、就業時間の短縮といった働き方の多様性を認める取り組みを推進してきました。今期からは仕事と子育ての両立を支援するために、子育て支援制度や学費支援制度を導入します。私の理想は社員全員が定年退職出来るように、社員から見てユニバーサルな職場環境の会社を創ることです。

時代の流れを見据え、顧客に価値を提供し続ける

ここれからの当社ですが、やみくもに規模や売上を拡大するのではなく、お客様に良い製品や価値のあるサービスを追求し提供していきます。得意とするプロセスオートメーション分野は5つのポリシーを継続し、顧客から必要不可欠な存在となるようにサービスの質を高め続けます。ファクトリーオートメーション分野については工場の技術革新に合わせ小型高性能化やネットワークの高度化へ対応する製品を開発し、ビルディングオートメーション分野では今後も成長するマーケットと捉え大手競合とセグメントが被らない製品のラインナップ拡充を進めます。時代の流れを見据えて、規模の追求に踊らされず、顧客に価値を提供し続けることで着実にマーケットシェアを獲得し成長していきます。

「幸せ」な働き方を追求してもらいたい

社会人になるとどれだけ努力しても結果に繋がらない事も多々ありますが、どんな状況でも楽しんで仕事に取り組んでもらいたいと思っています。これまでのように仕事だけが全てではなく、働き方や価値観も様々です。当社で働くからには楽しんで働いてもらいたいですし、自分にとっての幸せも追求してもらいたい。社員の多様な働き方を認め、会社も社員も豊かにすることが経営者としての私の役割ですし、エムジーはそのような会社だと自信があります。

『社員比率男女5:5を目指して』

日本のGDPが下がっていると言われていますが、配偶者控除や社会保険の扶養制限などの制度で女性の働く機会を作ってこなかった社会に原因があると考えています。人口の半分の男性が主役の社会では単純に生産性も半分にしかなりません。生産性を高めるためには女性の活躍が不可欠ですが、まずは当社から女性活用を推進し生産性を高めたいと考えています。まず今期から各部に女性の副部長職を設置し女性管理職を一気に増やしました。また現在の社員比率は男性が8割、女性が2割ですが、10年後に社員の男女比率を5:5にします。女性のリクルート活動を強化するように人事総務部に依頼もしました。女性は勿論ですが、多様な価値観を持つ方にご入社頂けるように制度や環境面も今以上に良くしていくつもりです。 このような当社取り組みに共感して頂き、一緒に働いて頂ける方のご応募をお待ちしております。